トップにもどる
■バックナンバー
 下記から選択してください
直撃! トップの決断 バックナンバー 司会:長谷川洋三 アシスタント:相沢礼子

■放送日 9月26日

フューチャーアーキテクト 金丸恭文会長
 

長期低迷にあえぐ日本経済の中でも、元気な会社がある。そういった会社にはたいてい、波乱万丈、艱難辛苦を乗り越えてきた改革精神旺盛なトップがいる。 この番組では「年功序列」「終身雇用」が崩壊し、かつてない競争社会に身をおく私たちにとって、最高の「教材」である企業トップの生の声を聞き、その半生から激動の時代を力強く生きぬくための方法を学ぶ。司会は近著に「ウェルチが日本を変える」「ゴーンさんの下で働きたいですか」などがある長谷川洋三。長年の新聞記者経験を生かし、経営者に鋭く迫る。

ビルの中に突如現れる庭園。生い茂る木々の先にあるのはフューチャーアーキテクトの受付。金融、流通を中心にあらゆるITシステムのコンサルティングを手がけるフューチャーアーキテクト。“ITを活かした経営の実現”を目指し1989年に創業。1999年のジャスダック上場時には3350万円という初値で注目を集め、2002年には14期連続増収増益という記録を引っさげて東証一部へ上場。そんな、躍進目覚ましいフューチャーアーキテクトの創業者が金丸恭文。ビル・ゲイツからの買収話を袖にし、独立系のITコンサルティング会社にこだわる剛腕経営者である。最南端の営業所へと飛ばされた青年が、ビル・ゲイツに影響されて転職。業界内でも刮目の業績を上げ独立を果たした男が、会社存亡の危機で下した決断とは!?



直撃! トップの決断