10話 『あたりまえの幸せ』

ヨナの自殺によって犯した罪の深さを思い知ったオジュンは涙を流す。ダルレはオジュンを優しく慰め、ともに謝罪をする。ダルレにせがまれてマンドゥの家を訪れたオジュンはオスクと出くわして逃げ出すが、ダルレは咄嗟の機転で2人を対面させる。オスクと歩み寄ったオジュンは小さな幸せをかみしめ、ダルレに感謝の言葉を告げる。2人の仲睦まじい姿を見かけたジングはダルレを呼び出し、自分にもチャンスが欲しいと言う。そんな中、オジュンが詐欺容疑で連行され……。