1999年『イ・ジェスの乱』でデビュー。
数多くの映画で主にヤクザや悪役を演じて名バイブレイヤーとして評価されてきたが、2006年に「Dr.ギャング」でテレビドラマに初出演してからその存在感が注目を浴びるようになり、「H.I.T」で昇進とお金儲けにしか興味のない問題児刑事を演じて人気者になった。
「プランダン 不汗党」では、これまでの役柄とは180度違う善良なエリートサラリーマン役を演じ、淡々とした中にもスパイスの利いた演技が高く評価された。
他の代表作は『マイ・ブラザー』、『僕の彼女を紹介します』、『ひまわり』など。

チャン・ヒョクの紹介
イ・ダヘの紹介
ホン・ギョンインの紹介