世界の建築を巡る! 〜人類は何を造ってきたのか〜

2010年12月30日(木)スタート 毎週木曜 昼12時59分

トップへ戻る

第四集 癒しの建築

【アメリカ】

《西海岸/シーランチ》 《西海岸/シーランチ》
後にアメリカ合衆国の建築最高顧問にまでなったチャールズ・ムーアが 1965年に作ったエコロジーロッジ「シーランチ・コンドミニアム」。
断崖の上に立つ巨大な木造建築は、その部屋の中にも大きな空間がひろがっています。

【ボリビア】

《ウユニ塩湖/白い海岸》 《ウユニ塩湖/白い海岸》
ボリビアとチリの国境近くにある、世界最大の「塩の湖」“ウユニ塩湖”。
東西250q、南北100qに広がる、白い世界。その中にあるのが“白い海岸”という名のホテルです。
その“白”とはもちろん、塩。壁はもちろん、テーブル、椅子、ベッドに至るまですべて塩でできているこのホテル、もちろん電気はありません。そんな真っ白な部屋で、ふわふわのリャマの毛に包まって眠るとどんな夢が見られるのでしょう?


【ニューカレドニア】

《マレ島/エニ村のカーズ》 《マレ島/エニ村のカーズ》
 天国に一番近い島、ニューカレドニア。
陥没してできた穴に海水が入り込んだ天然の水族館もある、マレ島は手付かずの自然が残り、独特の文化を守り続けている島です。
その南部に位置するエニ村に、伝統的な家屋「カーズ」に泊まって、村の生活が体験できる民宿があります。
日本の庵みたいですね。

【イギリス】

《ペンザンス/ミナック劇場》《ペンザンス/ミナック劇場》
岬に現れた、ギリシャ古代建築を思わせる荘厳な劇場。
実はこれは40年の歳月をかけて一人の女性が作り上げた「風と空と海の劇場」。
日本でいうところの薪能でしょうか?
「真夏の夜の夢」が似合いそうな劇場です。