バックナンバー

辰巳琢郎の葡萄酒浪漫

バックナンバー

2015年7月12日(前編)、7月19日(後編)

ゲスト 島田秀平、久保純子

手相芸人としても知られるタレント・島田秀平さんとフリーアナウンサー・久保純子さんのお二人をゲストに迎えてのトーク。今週はついに辰巳さんの手相を見て頂きました!気になるその診断結果は!?茨城県から届いたしゃもを使ったワインにぴったりのお料理もお楽しみに!日本ワインを愛する会主催の関西ワイナリーツアーを4回に分けてご紹介。今回は滋賀県のヒトミワイナリーをご紹介!日本唯一の濁りワイン専門のワイナリーのこだわりとは!?

テーブルコーディネート

辰巳真由美
CLUB B.C.Rプロフィール

毎回、ゲストを思い描きながら空間やお花のデザインを考えています。
空間やテーブルのコーディネートはワインを楽しむための大きな要素のひとつです。
皆様も、毎回変わるコーディネートをどうぞお楽しみ下さい。


  • 島田秀平さん
    『今飲みワイン』
    ツェレポス・エステイト アマリア ブリュット
    原産地 ギリシャ /マンティニア
    白泡
    品種 モスホフィレロ
    価格 \3,866
    輸入元 ヨルゴス

  • 『島田秀平っぽいワイン』
    ラ・ヒターナ マンサニージャ
    原産地 スペイン/サンルーカル・デパラメダ
    白強化
    品種 パロミノ
    価格 \2,160
    輸入元 ユニオンリカーズ

  • 今週の日本ワイン
    『MCNi キュベ N 2014』
    原産地 日本/滋賀
    品種 ナイアガラ・デラウエア
    価格 \2,160
       

ヒトミワイナリー

ワイン名・生産者 国・地域 品種 価格 輸入元
ソウマ サヴァロー 2014 オーストラリア
ヤラ・ヴァレー
サヴァロー \2,376 モトックス
シャトー・ル・グラン・ボストーク セレクション ピノ・アリゴテ 2013 ロシア
アナパ
アリゴテ40/ピノ・グリ40ピノ・ブラン20 \2,700 葡萄屋
ジョセフ・ドルーアン マコン・ビュシエール レ・クロ 2013 フランス
マコネ
シャルドネ \2,700 三国ワイン
ブルックス リースリング 2010 アメリカ
ウィラメット・ヴァレー
リースリング \3,240 ヴィレッジセラーズ
ズラティ・グリッチュ ロゼ 2011 スロベニア
シカルツェ
ロゼ ブラウフレンキッシュ \3,400 ユアーズ・コーポレーション
カンティーナ・デッラ・ヴォルタ ランブルスコ・ディ・ソルバーラ リモッソ 2013 イタリア
エミリア・ロマーニャ
ロゼ泡 ランブルスコ・ディ・ソルバーラ \3,780 アサヒグラント
ハンスラング シュペートブルグンダー 2011 ドイツ
ラインガウ
シュペートブルグンダー \3,564 日野屋
ラロッシュ バイ・ラヴニール ピノタージュ 2013 南アフリカ
ウェスタンケープ
ピノタージュ \1,944 ラ・ラングドシェン
ヴィンカ・マーティ カサ・デル・セロ カベルネ・ソーヴィニヨン 2012 チリ
セントラル・ヴァレー
カベルネ・ソーヴィニヨン \2,200 トゥエンティーワンコミュニティ
ヴィーニカ・コボス フェリーノ マルベック 2013 アルゼンチン
メンドーサ
マルベック \2,700 ワイン・イン・スタイル




今飲みワインに合わせた料理

二色のメロンのカッペリーニ(4人分)


カッペリーニ・・・250g
クインシー(メロン)・・・1/2個
イバラキング(メロン)・・・1/2個
オリーヴオイル・・・大さじ1
にんにく(みじんぎり)・・・1/2かけ分
ディル・・・2~3本
ミント・・・2~3本
パスティス・・・小さじ2


①メロンはそれぞれ種と皮を取り除き、小さめの角切りにする。果汁は取っておき、飾り用に角切りも一部残しておく。ミントの葉は細切りに、ディルは大きめのみじん切りにしておく。
②二つの鍋にそれぞれオリーヴオイルとにんにくの半量を加えて火にかける。熱くなったらそれぞれメロンの果汁と角切り(飾り用以外)を加え、弱火で3~5分程度煮込む。塩、胡椒で味を調えてから別々のボウルに開け、それぞれ氷水にあててよく冷やす。
③よく冷めたら飾り用の角切りを加え、イバラキングにはディルとパスティス、クインシーにはミントを加える。
④カッペリーニはたっぷりの塩を入れたお湯で柔らかめにゆで、塩をしっかり加えた氷水にとってよく冷やす。水気をしっかり取り、半量ずつ二種のメロンのソースに加えてよく混ぜる。
⑤皿に二種のカッペリーニを盛り、ハーブを飾る。

日本ワインに合わせた料理

鹿島灘はまぐりと甘夏のジュレ(4人分)


鹿島灘はまぐり・・・大4個
甘夏・・・2個
イタリアンパセリ・・・4~5本
白ワイン・・・大さじ2
ゼラチン・・・4g


1.鍋に白ワインを入れて沸かし、はまぐりを殻ごと加えて蓋をする。貝が開いたら取り出し、殻から身を取り出して4等分しておく。煮汁を計り、100ccに足りなければ水を足しておく。
2.甘夏は皮をむき、一つのうち半分は薄皮を取って房に分け、一口大にほぐしておく。残りは全て果汁を絞り、100cc計っておく。イタリアンパセリは大きめのみじん切りにする。
3.はまぐりの煮汁と甘夏の果汁を合わせて200ccのスープを作る。ここから50cc分を取り出して鍋で沸かし、4gのゼラチンを加えてよく煮溶かす。溶けたら残りのソースに戻してよく混ぜ、氷水にあててかき混ぜながらよく冷やす。
4.液体が固まり始めたら、1のはまぐりと2で房に分けた甘夏、イタリアンパセリを加えてさらにかき混ぜながら冷やしていく。
5.とろっと固まったら器に盛り、パセリを飾る。

『島田秀平っぽいワイン』に合わせた料理

奥久慈しゃも 腿肉と胸肉のトマトヴィネガーソース(4人分)

奥久慈しゃも・・・胸肉2枚/もも肉1枚
じゃがいも・・・2個
スライスアーモンド・・・大さじ1
(ソース)
フルーツトマト・・・2個
白ワイン・・・50cc
エシャロット・・・1/4個
シェリーヴィネガー・・・大さじ2
もも肉の出汁

1.奥久慈しゃものもも肉はぶつ切りにし、水と長ネギを入れた鍋に加え、ほぐせるぐらいの柔らかさになるまで弱火で1時間ほど煮る。煮汁はよい出汁が出ているのでとっておく。
2.胸肉は両面に塩胡椒をし、フライパンでさっと表面を焼いてから150℃のオーブンで20分程焼く。途中、時々返しながらしっとりと火を入れる。
3.じゃがいもは1㎝程度の薄切りにし、多めのオリーヴオイルでじっくりと両面を焼く。
4.ほぐしたもも肉とじゃがいもを合わせ、煮詰めた煮汁、塩、胡椒で味を調え、スライスアーモンドを和えておく。
5.ソースを作る。トマトは湯剥きし、種を取ってみじん切りにする。種と果汁も取っておく。エシャロットはみじん切りにする。
6.ソースパンにオリーヴオイルを熱し、エシャロットを加えて軽く炒める。白ワインを注いでしっかりと煮詰めてから、トマトのみじん切りと果汁を加える。形が崩れて軽く煮詰まってきたらもも肉の煮汁を80ccほど加え、さらに弱火で煮詰めていく。
7.最後にシェリーヴィネガーを加え、塩、胡椒で味を調える。
8.切り分けた胸肉と4のもも肉を盛り付け、7のソースを添える。

蜂須賀紀子

早稲田大学卒。都内フレンチレストランでの料理長経験を経て渡仏。2年に渡り現場を通じてフランスの食文化を学ぶ。帰国後はさらに知識を深め、食関係通訳や講師、ソムリエ業などを行う傍ら、“ワインのある生活”を多角的にプロデュース。ワインと料理のマリアージュに関する造詣が深い。ワインエキスパート/チーズプロフェッショナル。東京生まれ。