バックナンバー

辰巳琢郎の葡萄酒浪漫

バックナンバー

2015年6月28日(前編)、7月5日(後編)

ゲスト 久保純子、島田秀平

フリーアナウンサー・久保純子さんと手相芸人としても知られるタレント・島田秀平さんのお二人をゲストに迎えてのトーク。幼いころから海外での生活が長かった久保さん。その中で感じたこととは!?茨城県から届いたハマグリを使ったお料理とワインのマリアージュも!日本ワインを愛する会主催の関西ワイナリーツアーを4回に分けてご紹介。2回目は大阪にあるフジマル醸造所を訪ねます。日本では珍しい醸造設備に辰巳さんもびっくり!

テーブルコーディネート

辰巳真由美
CLUB B.C.Rプロフィール

毎回、ゲストを思い描きながら空間やお花のデザインを考えています。
空間やテーブルのコーディネートはワインを楽しむための大きな要素のひとつです。
皆様も、毎回変わるコーディネートをどうぞお楽しみ下さい。


  • 久保純子さん
    『今飲みワイン』
    ドメーヌ・リャド・ジャミル ベニムティエ ルージュ 2011
    原産地 モロッコ /メクネ
    品種 カリニャン
    価格 \3,240
    輸入元 日仏商事

  • 『久保純子っぽいワイン』
    マレア・デ・レイダ ソーヴィニヨン・ブラン 2012
    原産地 チリ/レイダ・ヴァレー
    品種 ソーヴィニヨン・ブラン
    価格 \2,484
    輸入元 三菱食品

  • 今週の日本ワイン
    『キュベ パピーユ 2014』
    原産地 日本/大阪
    品種 デラウェア
       

フジマル醸造

ワイン名・生産者 国・地域 品種 価格 輸入元
ナイティンバー クラシック・キュヴェ  2009 イギリス
ウェスト・サセックス
白泡 シャルドネ 55/ピノ・ノワール 26/ピノ・ムニエ 19 \5,400 エノテカ
ベルグァルト ビアンコ 2013 イタリア
トスカーナ
ヴェルメンティーノ \2,670 ファインズ
カリオペ・ワインズ ヴィオニエ 2013 カナダ
オカナガン
ヴィオニエ \3,240 ヘブンリーバインズ
プロフェッツ・ロック ピノ・グリ 2011 ニュージーランド
セントラル・オタゴ
ピノ・グリ \4,536 GRN
コンデバルデマール ロゼ 2014 スペイン
リオハ
ロゼ ガルナッチャ70/ヴィウラ30 \1,650 駒形前川
ルイス・パト スパークリング バガ ロゼ ポルトガル
バイラーダ
ロゼ泡 バガ90/マリアゴメス10 \2,592 木下インターナショナル
ディーキン・エステート メルロー 2014 オーストラリア
ヴィクトリア
メルロー \1,058 日本酒類販売
クリコバ スパークリングワイン レッド モルドバ
バルル・ルイ・トライヤン
赤甘泡 カベルネ・ソーヴィニヨン \3,240 Carina
ミッシェル・シャプティエ ペイ・ドック シラー コレクション・ビオ 2013 フランス
ラングドック・ルーション
シラー \1,620 日本リカー
ビューラー ジンファンデル ナパ 2012 アメリカ
ナパ・ヴァレー
ジンファンデル95/プティ・シラー5 \4,212 CAAV




今飲みワインに合わせた料理

常陸牛と紅こがねの肉じゃが風(4人分)


常陸牛・・・200g
紅こがね・・・1本
野生のアスパラガス・・・12~15本
(ソース)
市販のフォンドヴォ―・・・120cc
バルサミコ酢・・・大さじ3
砂糖・・・大さじ1
焦がしバター・・・大さじ1
クミンシード・・・大さじ1


①紅こがねは、皮ごと厚さ2~3㎝の輪切りにし、低温の油で30分程コンフィにする。芯まで火が通ったら取り出して焼き色を付け、4等分しておく。
②常陸牛は一口大に切り、塩、胡椒をしてフライパンで柔らかく焼き上げる。
③野生のアスパラガスはフライパンにオリーヴオイルを熱してさっと炒め、塩胡椒する。
④鍋に砂糖を熱してカラメルを作り、バルサミコを加えて半量まで煮詰める。フォンドヴォ―を注いで1/4ぐらいまで煮詰め、焦がしバターを加えて混ぜる。塩、胡椒で味を調える。
⑤ ④の鍋に①と②を加えてよく和え、最後にクミンシードも加えてひと混ぜする。
⑥皿に盛り、③のアスパラガスを添える。

日本ワインに合わせた料理

フルーツトマトと玉ねぎのタルト(4人分)


フルーツトマト・・・3個
玉ねぎ・・・2個
市販のタルトレット・・・4個
タイム・・・3~4本
オリーヴオイル
粒マスタード


1.玉ねぎは薄くスライスし、オリーヴオイルを熱したフライパンに入れ、弱火でじっくりと全体が茶色くなるまで20分程火を入れる。最後に塩、こしょう、タイムの葉を加えて味を調える。
2.トマトは芯を取って縦に二等分し、さらに薄切りにする。
3.タルトレットの底に粒マスタードを薄く敷き、1の玉ねぎをたっぷり詰め、その上に3のトマトを並べてのせる。
4.タイムとオリーヴオイル少々を回しかけ、180℃のオーヴンで15分程焼く。

『久保純子っぽいワイン』に合わせた料理

鹿島灘はまぐりの香草バター風味 グレープフルーツのソテー添え(4人分)

鹿島灘はまぐり・・・大8個
白ワイン・・・大さじ3
グレープフルーツ・・・8房
はちみつ・・・大さじ1
イタリアンパセリ、ディル、香菜 などのハーブ・・・大さじ4~5 ぐらい
(葉にんにくバター:作りやすい分量)*余ったら棒状にして冷凍しておくと便利
バター・・・120g
オリーヴオイル・・・大さじ2
葉にんにく(細かいみじん切り)・・・40g
白ワイン・・・大さじ1
塩・・・小さじ1

1.鍋に白ワインを入れて沸かし、はまぐりを殻ごと加えて蓋をする。貝が開いたら取り出し、殻から身を取り出して半分に切っておく。煮汁はとっておく。ハーブは大きめのみじん切りにする。
2.葉にんにくバターを作る。バターを室温において柔らかくし、残りの材料をすべて混ぜる。
3.グレープフルーツは皮をむいて房に分ける。フライパンにはちみつを熱し、キャラメル状になったらグレープフルーツを加えて強火で両面に焼き色を付けて取り出す。
4.小鍋に1の煮汁と2のバター40gを加えて煮立て、はまぐりの身を加えてよく和える。最後にハーブも加えてざっくりと混ぜる。
5.洗った貝の上に4の身を乗せ、煮汁を流し、グレープフルーツを添える。

蜂須賀紀子

早稲田大学卒。都内フレンチレストランでの料理長経験を経て渡仏。2年に渡り現場を通じてフランスの食文化を学ぶ。帰国後はさらに知識を深め、食関係通訳や講師、ソムリエ業などを行う傍ら、“ワインのある生活”を多角的にプロデュース。ワインと料理のマリアージュに関する造詣が深い。ワインエキスパート/チーズプロフェッショナル。東京生まれ。