バックナンバー

辰巳琢郎の葡萄酒浪漫

バックナンバー

2015年2月1日(前編)、2月8日(後編)

ゲスト 有村智恵、新藤晴一

プロゴルファー・有村智恵さんとポルノグラフィティのギタリスト・新藤晴一さんのお二人をゲストに迎えてのトーク。プライベートでも親交があるというお二人、その出会いのきっかけとは?広島県から届いた新鮮な生ガキを使ったワインにぴったりのお料理もお楽しみに!
今回訪れたのは青森県・八戸市。世界最高ソムリエのパオロ・バッソ氏を迎え、これからワイン産業を創出していこうとする八戸市で行われたイベントの様子をリポート!

テーブルコーディネート

辰巳真由美
CLUB B.C.Rプロフィール

毎回、ゲストを思い描きながら空間やお花のデザインを考えています。
空間やテーブルのコーディネートはワインを楽しむための大きな要素のひとつです。
皆様も、毎回変わるコーディネートをどうぞお楽しみ下さい。


  • 有村智恵さん
    『今飲みワイン』
    アンドレ・クルエ シルバー ブリュット・ナチュール
    原産地 フランス /シャンパーニュ
    白泡
    品種 ピノ・ノワール
    価格 \8,208
    輸入元 ヴィントナーズ

  • 『有村智恵っぽいワイン』
    クラッハー ツヴァイゲルト アウスレーゼ 2012
    原産地 オーストリア/ノイジードラーセ
    赤甘
    品種 ツヴァイゲルト
    価格 \2,592
    輸入元 AWA

  • 今週の日本ワイン
    くずまきワイン『蒼』
    原産地 日本/岩手
    品種 小公子
    価格 \2,571
     

八戸イベント

ワイン名・生産者 国・地域 品種 価格 輸入元
サザン・バンダリー・ワインズ ホーム・クリーク ワイパラ  リースリング 2013 ニュージーランド
ワイパラ
リースリング \1,836 モトックス
コールドストリームヒルズ ソーヴィニヨン・ブラン  2012 オーストリア
ヤラ・ヴァレー
ソーヴィニヨン・ブラン \3,639 ファームストン
エレモ・デッレ・ファーテ ベネヴェンターノ ファランギーナ 2013 イタリア
カンパーニャ
ファランギーナ \1,620 オーバーシーズ
ガバラス ニクテリ 2012 ギリシャ
サントリーニ
アシリティコ \3,200 ノスティミア
マゴン ロゼ 2013 チュニジア
モルナグ
ロゼ メルロー、サンソー、グルナッシュ \1,296 エムアンドピー
ボデガ・ノートン ブリュット・ロゼ アルゼンチン
メンドーサ
ロゼ泡 シャルドネ50、シュナン・ブラン40、ピノ・ノワール10 \1,620 エノテカ
ナジレデ・エステイツ スパイス・トレイル 2011 ハンガリー
マートラアリャ
カベルネ・ソーヴィニヨン80、ケークフランコシュ20 \1,620 KOBEインターナショナル
マージュラム エム・ファイヴ サンタ・バーバラ・カウンティ 2012 アメリカ
カリフォルニア
グルナッシュ43、シラー41、ムールヴェードル9、クノワーズ4、サンソー3 \4,266 ワイン・イン・スタイル
ボデガス・アラエス ヴィヴィール・シン・ドルミール 2013 スペイン
フミーリャ
モナストレル \2,052 パラジャパン
ティエラ・デル・フエゴ レゼルバ カルメネール 2012 チリ
マウレヴァレー
カルメネール \1,382 パナバック




今飲みワインに合わせた料理

生牡蠣ともずく 松きのこ添え (3人分)


牡蠣・・・6個
もずく・・・大さじ3
シークワーサ・・3個
松きのこ・・・3個


1.牡蠣は、殻はからはずす。
2.牡蠣の上にもずくをのせる。
3.松きのこは、手で細くさく。
4.皿に牡蠣を殻ごと盛り付け、松きのこを添える。
5.シークワーサ―を牡蠣と松きのこに絞りながらいただく。

日本ワインに合わせた料理

バルサミコのペンネ

ペンネ・・・120g
バルサミコ・・・大匙3
ベーコン・・100g
塩・・・少々
あらびき胡椒・・・少々
パルメザンチーズ・・・大さじ6
オリーブオイル・・・適量
ごぼう・・・適量
れんこん・・・適量
サラダオイル(揚げもの用)・・・適量
バター・・小さじ1

1.ごぼうはせんぎりする。レンコンは薄切りにする。それぞれ、サラダオイルです揚げする。
2.ペンネは、塩少々を入れた湯で、アルデンテに茹でる。
3.ベーコンは、5mmの拍子切りにし、オリーブオイルでカリッと炒める。
4.①に、②のペンネを加え、バルサミコを加えて、軽く煮詰める。バターを加える。
5.火をとめて、パルメザンチーズ、塩少々を加えて、味を調える。
6.皿にペンネを盛り付け、ごぼうとレンコンをのせる。
7.粗引きコショウをかける。

『有村智恵っぽいワイン』に合わせた料理

元就のステーキ 無花果ワインソース

牛肉(元就)のロース肉・・・3枚
人参・・・1/2本
玉葱・・・1個
赤ワイン・・・カップ1
いちぢくシロップ・・・50cc
はちみつ・・・少々
塩・・・少々
粗引きコショウ・・・少々
エキストラバージンオリーブオイル・・・適量

(付け合わせ)
にんじん・・1本
さといも・・・3個
プルーンの紅茶煮・・3個

1.人参、玉葱はみじんぎりにして、オリーブオイルで甘みがでるまで弱火でよく炒める。
2.①に赤ワインを加え、さらに煮詰めてアルコールがとんだら、いちぢくシロップを加え、蜂蜜、塩、胡椒で味を調える。
3.さといもは、皮つきのまま、蒸し煮にして、フォークでつぶして、塩をくわえ、味を調え、最後にオリーブ少々を加える。
4.人参は、5mm厚さの斜め切りにして、鍋に水少々、塩を加えて蒸し煮にする。最後にオリーブオイル少々を加える。
5.肉は、両面塩コショウをして、熱くしたフライパンで焼く。
6.皿に肉をのせて、②のソースをかけて、付け合わせのさといも、人参、プルーンを添える。

藤野幸子

大学卒業後、大手航空会社客室乗務員として勤務。 結婚と同時にヨーロッパへ渡り5年ほど生活。その間、現地料理教室や家庭で料理を学ぶ。 日本帰国後はオリーブオイルソムリエ、野菜ソムリエの資格を取得。野菜いっぱいのヘルシーで体に良い料理も紹介する。