バックナンバー

辰巳琢郎の葡萄酒浪漫

バックナンバー

2018年6月10日放送(前編)、6月17日放送(後編)

ゲスト 高見沢俊彦、中野信子

ミュージシャン・高見沢俊彦さんと脳科学者・中野信子さんの二人をゲストに迎えてのトーク▽前回に引き続き、長野県にある「サンクゼールワイナリー」を紹介!辰巳さんも初めて見る、古くなった皮を削る作業を畑で体験します。そしてお待ちかねのテイスティング!高見沢さんが変形ギターをコレクションするきっかけのエピソードを披露。福井県産の若狭牛と新ブランド米「いちほまれ」を使ったワインにぴったりの料理もお楽しみに!

テーブルコーディネート

辰巳真由美
CLUB B.C.Rプロフィール

毎回、ゲストを思い描きながら空間やお花のデザインを考えています。
空間やテーブルのコーディネートはワインを楽しむための大きな要素のひとつです。
皆様も、毎回変わるコーディネートをどうぞお楽しみ下さい。

高見沢さんといえば王子、そんな王子のテーブルは、赤とピンクのバラの花と、キラキラ光るテーブルクロス、そしてギター。フラワーアレンジにもキラキラ光るデコレーションを。キラキラレースの下に敷いたテーブルクロスと、お皿に敷いたナプキンをイエローで揃え、テーブルをまとめています。


  • 高見沢俊彦さん
    『今飲みワイン』
    プランタジェネット オムラ カベルネ/メルロ 2013
    原産地 オーストラリア/グレートサザン
    品種 カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロ
    カベルネフラン/シラーズ
    価格 ¥2,527
    輸入元 ファームストン

  • 『高見沢俊彦っぽいワイン』
    パイロス バレルセレクション マルベック 2014
    原産地 アルゼンチン/ペダーナル・ヴァレー
    品種 マルベック
    価格 ¥2,592
    輸入元 モトックス

  • 今週の日本ワイン
    サンクゼール
    シャルドネ 2015
    原産地 日本/長野
    品種 シャルドネ
    価格 ¥5,400
       

サンクゼールワイナリー

ワイン名・生産者 国・地域 品種 価格 輸入元
ピソルノ ドン・プロスペロ ソーヴィニヨン・ブラン 2017 ウルグアイ
カネロン・チコ
ソーヴィニヨン・ブラン ¥2,052 東和インターナショナル
コントラスト ホワイト 2014 ポルトガル
ドウロ
ラビガート/コデガ・デ・ラリーニョ
コデガ・アリント
¥2,052 ヴォガジャパン
ビアンコレッラ イスキア・ビアンコ 2016 イタリア
カンパーニヤ
ビアンコレッラ/フォラステラ
サン・ルナルド/ウ-ヴァ・リッラ
¥3,090 モンテ物産
ズノヴィン・ズノイモ グリューナー・フェルトリーナ 2015 チェコ
ズノイモ
グリューナー・フェルトリーナー ¥2,268 ピーアンドエムチェコ
レ・ヴィニロン・ド・カルタージュ エム 2012 チュニジア
モルナグ
白泡 シャルドネ、ユニ・ブラン ¥3,240 エムアンドピー
ラ・フェルム・デュ・モン・ブノー グラップ・ドゥ・ビュル 2012 フランス
ロワール
ロゼ泡 カベルネ・フラン50/ガメイ50 ¥3,672 オーケストラ
シン・エステート ロゼ 2015 アメリカ
ロングアイランド
ロゼ メルロ ¥3,780 GO-TOワイン
ゲシュビントワイナリー クルース ピノ・ノワール 2015 スイス
クルース
ピノ・ノワール ¥5,832 アガイ商事
フヴァンチカラ 陶器ボトル 2015 グルジア
グルジア
赤甘 アレクサンドレウリ50/ムジュレトリ50 ¥3,980 富士貿易
エル・イルシオニスタ ロブレ 2016 スペイン
リベラ・デル・ドゥエロ
テンプラニーリョ ¥2,592 パラジャパン




今飲みワインに合わせた料理

越前かに春巻き 醤油バルサミコソースと菊芋の甘酢漬け(2人分)


茹でたカニの身・・・120g
春巻きの皮・・・2枚

(ソース)
バルサミコ(甘いもの)・・・大匙1
醤油・・・小匙1/8
赤ワイン・・・小匙1/8

(菊芋の甘酢漬け)
菊芋・・・1片
甘酢・・・適量

①菊芋は皮をむき、薄くスライスしてさっと茹でて、甘酢につける。
②ソースの材料は混ぜておく。
③春巻きの皮にカニの身をのせて巻き、油であげる。
④皿に春巻きのせて、菊芋の甘酢、ソースを添える。

日本ワインに合わせた料理

九頭龍まいたけのパスタ(2人分)


(手打ちパスタ)
セモリナ粉・・・・100g
強力粉・・・・100g
塩・・・ひとつまみ
水・・・80~100g

(ソース)
舞茸・・・1/3個
ベーコン(拍子切り)・・・30g
にんにく・・・1編
トリュフオイル・・・少々
イタリアンパセリ(みじん)・・・少々
ナッツ(くるみ、ピスタチオなど荒く砕く)・・・少々

オリーブオイル・・・適量
お好みでパルミジャーノ・レッジャーノ・・・適量

(手打ちパスタ)
①全ての材料を合わせてよくねる。
②強力粉を打ちながら、綿棒で2mmに伸ばして幅2cm、長さが5cmに切る。
(ソース)
①フライパンにオリーブオイルを入れ、一口大にほぐした舞茸を香ばしく炒める。
②拍子切りに切ったベーコンを加えてさらに炒める。
③茹でたパスタを加える。塩胡椒で味を整える。
④ナッツを砕いて散らす。
⑤トリュフオイルを香りづけにかける。
⑥パセリを散らす。
⑦お好みでパルミジャーノ・レッジャーノをかける。

『高見沢俊彦っぽいワインに合わせた料理』

若狭牛ステーキ 赤ワインにんにくソース ライスとオニオンフライ添え(2人分)


サーロイン(厚さ1cm)・・・2枚
赤ワイン・・・80cc
にんにく・・・2片
醤油・・・小匙1
塩・・・少々
あらびき胡椒・・・少々
オリーブオイル・・・適量
玉ねぎ・・・1/2個
強力粉・・・適量
サラダオイル(揚げ油)・・・適量
炊いた米・・・カップ1

①オニオンフライを作る。玉ねぎは繊維に沿って薄切りし、小麦粉をまぶして揚げて、塩、胡椒をふる。
②肉に塩をして、フライパンで両面焼く。
③肉を一度取り出して、アルミをかぶせて休ます。
④その間に、別のフライパンでにんにくのスライスをオリーブオイルで香ばしく炒める。
⑤赤ワインも加え半分まで煮詰め、さらに醤油、③の肉から出てきた肉汁を加えて、ひと煮立ちさせる。
⑥炊いたご飯を皿に盛り付ける。
⑦皿にオニオンフライ、炊いた米、肉を盛り付け、肉に⑤のソースをかけて、あらびき胡椒をたっぷりとかける。


料理研究家 藤野幸子さん

大学卒業後、大手航空会社客室乗務員として勤務。結婚と同時にヨーロッパへ渡り5年ほど生活。その間、現地料理教室や家庭で料理を学ぶ。日本帰国後はオリーブオイルソムリエ、野菜ソムリエの資格を取得。野菜いっぱいのヘルシーで体に良い料理も紹介する。