2017年2月5日

ホテルGメン

具志堅陽子の殺人推理2

キャスト

具志堅陽子  ・・・  浅野温子
大城晃宏  ・・・  宅麻伸
宮田賢一郎  ・・・  古谷一行
新垣真紀子  ・・・  井上和香
村上和彦  ・・・  葛山信吾
立石啓輔  ・・・  柏原収史
中嶋由美  ・・・  井上晴美
早乙女光太郎  ・・・  上杉祥三
今宮佐代子  ・・・  新井晴み
島袋麻奈  ・・・  Sharo
郷田美奈子  ・・・  瀬戸カトリーヌ
石嶺刑事  ・・・  増澤ノゾム
郷田守  ・・・  三上市朗
吉田孝之  ・・・  山崎潤
片山葉月  ・・・  藤森麻由
今宮慎一  ・・・  翁長大輔
あらすじ

沖縄のリゾートホテルに勤めるコンシェルジュの具志堅陽子(浅野温子)は、支配人・宮田賢一郎(古谷一行)の意思により、ホテルの防犯プロジェクトチーム、通称「ホテルGメン」のチーフとなった。

その頃、真栄田岬の砂浜では、ダイビング中に亡くなった今宮慎一(翁長大輔)の一周忌法要が営まれていた。慎一が勤めていた旅行代理店の社長・郷田守(三上市朗)と妻の美奈子(瀬戸カトリーヌ)、医師の中嶋由美(井上晴美)ら列席者が見守る中、慎一の母・佐代子(新井晴み)は、息子の死は事故ではなく殺人だ、必ず仇を討つと宣言する。

翌日、陽子はホテルのパティシエ・新垣真紀子(井上和香)が佐代子に罵られているのを見た。またホテルのドルフィンラグーンでは、村上和彦(葛山信吾)が佐代子に食って掛かっているのを目撃し、止めに入った。村上いわく、娘のゆかり(帆花)と息子の弘夢の前で“イルカが息子を殺した”と連呼していたという。佐代子は聞き違いだと主張するのだが…。

ゆかりと弘夢はホテル内で、人々の写真をたくさん撮っていた。まるで誰かを探しているような…。そんなところに父の村上が、パティシエの真紀子とともにやってくると、ゆかりはひどく真紀子を毛嫌いしている様子だ。

夜、客室係・片山葉月(藤森麻由)は、部屋から出てくる見覚えのない客室係を目撃する。陽子はその部屋へ向かい、帰宅した宿泊客の吉田孝之(山崎潤)に確認するが、特に被害はないという。

翌朝、ホテルGメンたちは、客室係らしき服装をした佐代子の遺体を海岸で発見する!すぐさま警察に通報すると、陽子と幼なじみの刑事・大城晃宏(宅麻伸)が警視・立石啓輔(柏原収史)とともに現れた。佐代子は転落死ではなく、頭部を叩かれ殺害されていた。
死亡推定時刻頃に現場付近で男女が目撃されていることを耳にした陽子は、その女性が真紀子ではないかと心配し関係を尋ねると、真紀子は被害者佐代子の一年前に亡くなった息子、慎一と以前結婚しており、佐代子は義母だったと聞き、驚く。真紀子は結婚直後から慎一に暴力を振るわれており、故郷の沖縄に逃げ帰った。“イルカと泳ぐツアー”の下見中の慎一が、沖縄の海で命を落としたのは、そんな最中のことだというのだが…。
その後真紀子は警察に、一緒にいた男のことを執拗に訊かれるが、1人でいたと頑な態度だった。

佐代子の部屋を捜査すると、遺留品の中になぜかドライバーなどの入った工具ケースが残されていた。そんな時。佐代子を心配した主治医・中嶋由美(井上晴美)がホテルにやって来るが、佐代子の死を知って驚く。
一方、郷田夫婦は一年前今宮慎一が亡くなったことで、多額の生命保険を手にしていた。

スタッフ

【脚本】待田多香美
【演出】楠田泰之

エンディング曲

ジャスト・ア・キス~幸せの予感
レディ・アンテベラム
UNIVERSAL MUSIC JAPAN
https://www.universal-music.co.jp/
2006年に米ナッシュビルでヒラリー・スコット、チャールズ・ケリー、
デイヴ・ヘイウッドの3人で結成。第53回(2011年)グラミー賞で最多である全5部門を受賞。
現在まで3枚のアルバムを発表し、2作連続で全米アルバム・チャート初登場1位を記録。
現在のアメリカを代表するグループの1つである。「ジャスト・ア・キス~幸せの予感」を収録した最新アルバム『夢の貴婦人』(原題:OWN THE NIGHT)発売中。

ページトップへ