連続ドラマ びしょ濡れ探偵 水野羽衣

BSテレ東BSテレ東
2019年12月19日(木)放送終了
  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークにブックマークする

イントロダクション

水に濡れることでタイムリープする主人公が、 毎話びしょ濡れで事件解決!!

女子大生・水野羽衣(大原櫻子)。またの名を、びしょ濡れ探偵。 実家であるラブホテルの一室で、兄が営む探偵事務所の手伝いをする羽衣は、水に濡れると過去にタイムリープできる能力を持っている。事件の真相を突き止める為、水をかけられタイムリープする羽衣。過去で真実を目撃した羽衣は、びしょ濡れのままこう告げる。

「・・・水を差すようですが、彼は犯人ではありません!とんだ濡れ衣です!」

誰かの手によりびしょ濡れになることで過去へ。そして、自らびしょ濡れになることで現在へ。そんなちょっと厄介なタイムリープの力を持った羽衣が、今日も事件の真相に迫る!

 

ブルー&スカイ(企画・脚本)コメント

びしょ濡れ探偵が過去に戻ることで事件を解決するという大枠以外、原作があるものではないので随分自由に書かせて頂いたと思います。ありがたいことです。ドラマの本筋に無関係などうでもいい会話をもっと長々と書いてみたかったものの、放送時間に収めるという当然の事情で削っていく必要はありましたが、脚本打ち合わせで、どこの“どうでもよさ”を削って、どこの“どうでもよさ”は残すか、のような話をスタッフの皆さんとしている場が楽しかったです。ありがたいことです。どうか最終回まで観て頂きたいです。

 

藤野慎也(テレビ東京プロデューサー)コメント

今までに絶対に見たことがない、前代未聞!?空前絶後!?の探偵ドラマを視聴者の皆様にお届けできると思うと、今から本当にうれしい気持ちで一杯です!何が新しいかと言うと、いろいろあるのですが、何といっても主人公が毎話水をかけられたり、自ら水をかぶったりして、びしょ濡れになりながら物語が進むドラマって絶対に見たことないと思います!

問題は、主人公をどなたに演じていただくか、でした。映画「あの日のオルガン」を観て、映画自体も涙が止まらない素晴らしい作品だったのですが、その中でも俳優・大原櫻子さんの演技に感銘を受けました。大原さんに水野羽衣を演じてもらいたい、でもびしょ濡れで演じていただくのは体力的に相当な負担になる…。期待と後ろめたさを抱えてオファーしましたが、予想に反して快諾のお返事!

後日大原さんから、「濡れることを心配してもらうことはないですよ!こんなに内容が面白いですし!」と言っていただきました。とはいえ、タイトな撮影スケジュールに加えてびしょ濡れでの撮影は、相当きつかったと思います。 しかしながら大原さんはきつい様子は一切見せず、ドラマを面白くしたいという一心で他出演者とともに試行錯誤しながら、楽しそうに撮影に挑まれていた姿が印象的でした。大原櫻子さんをはじめとした出演者、脚本、監督そして全てのスタッフが、“新しくて面白いドラマを作る!”という高い目標を持ち、毎日笑いが絶えない撮影現場でドラマを作り上げていきました。私たちの情熱が詰め込まれた「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」是非ご覧ください!

ラインナップ