20
2016.01.31
加賀百万石の古都 ~石川 金沢~

今回ご案内するのは、北陸新幹線開通で注目を浴びている古都・金沢。石川県のほぼ中央に位置する県庁所在地で、前田利家を藩祖とする前田家が治めた加賀藩の城下町として栄えた。
そんな金沢の名所といえば、日本三名園の兼六園。しかし、兼六園以外にも、美しいお庭が数多くある。そして、庭園こそが加賀藩前田家の栄華、古都と称される金沢の象徴といっても過言ではない。今回は、そんな名園を中心に、金沢の魅力をご案内。

  • 武家屋敷跡

最初に訪れたのは、金沢の玄関口であり、北陸新幹線を降りて最初に出会う観光名所が「金沢駅」。金沢を訪れる人に差し出す雨傘をイメージしたというガラスのドーム「もてなしドーム」、金沢の伝統芸能である加賀宝生の鼓をイメージした「鼓門」が出迎えてくれる。
世界で最も美しい駅と称され、国外でも話題になった。

  • 金沢駅

日本三名園「兼六園」から見上げれば、加賀藩の居城であった金沢城。
「石垣の博物館」と呼ばれる名城で、江戸時代のまま現存する石川門や三十間長屋は、国の重要文化財に指定されている。そして、城内にある「玉泉丸庭園」へ。加賀藩三代藩主・前田利常をはじめ、歴代の藩主によって作庭された名園をご紹介。

  • 金沢城公園

そんな城下町には、古都、小京都と呼ばれる美しい街並みが広がる。金沢の情緒が色濃く感じられる3つの茶屋街の「にし茶屋街」「主計町茶屋街」へ。どこからか三味線の音が聞こえてくる、趣深い夜の風情もご紹介する。

  • にし茶屋街
  • 主計町茶屋街

そして、夜の金沢を美しく彩る名所がもうひとつ。金沢城に隣接するように鎮座する、加賀藩初代藩主・前田利家公と、“まつ”として知られる正室のお松の方をまつる「尾山神社」。藩主の別邸であった金谷御殿の跡地に建てられた神社で、雅楽にちなむ意匠から「楽器の庭」と称される庭園は、神苑として残されている。ギヤマンがはめ込まれた神門も美しい。

さらに、町屋だけでなく武家屋敷の街並みも残る。「長町武家屋敷跡」は、かつての藩士が実際に住んでいた場所。冬には、金沢の風物詩ともなっている雪や凍結から土塀を守るため「こも掛け」が見られる。見事な庭園を持つ「寺島蔵人邸」や「長町武家屋敷跡野村家」などの武士の邸宅もご紹介。どうぞお楽しみに。

  • 寺島蔵人邸
  • 武家屋敷跡野村家

(※写真提供:金沢市)