アジアの風

バックナンバー

【第51回】2013年3月23日放送

梶谷二朗(かじたに じろう)さん
株式会社ライフリング 代表取締役社長 梶谷二朗(かじたに じろう)さん

64歳。父親の代から東京・早稲田で続く洋品店を経営しながら、2002年に分解消臭製品「ブリーズブロンズ」の販売を開始。様々なジャンルの製品を展開し、その驚きの消臭効果が話題を呼んでいる。

靴下やタオルの臭いが気になること、ありませんか? 今回ご紹介したのは、そんな悩みを解決する驚きの消臭グッズ「ブリーズブロンズ」。 消臭効果を持つ素材を使って靴下、タオル、ベッドシーツや枕カバーなど様々な製品を展開しています。驚異の効果は、海上自衛隊が長期間の洋上勤務に出る護衛艦の備品として採用しているほど。

開発したのは、東京・早稲田にある株式会社ライフリングの梶谷二朗社長(64歳)。元々は父親の代から続く洋品店を経営しており、1995年にライフリングを立ち上げて消臭グッズを製造・販売しています。

開発のきっかけは、梶谷社長のお母さんの悩みでした。90歳を過ぎ、在宅介護を受けていたお母さんは、元々とてもきれい好きな方で、ご自身の体やベッドが臭っていないかととても気にしていました。従来の消臭製品を片っ端から試したものの納得できなかった梶谷社長は、「介護される人も、介護する人も気持ち良く過ごせる製品をつくろう」と決意します。
様々な素材を探し歩くなか出会ったのが、「カルボキシル基」という有機化合物を練り込むことで消臭効果を持たせた糸。アンモニアなどの臭いの元となる成分がこの糸に付着すると、「カルボキシル基」と結合し、臭いのしない全く別の成分に変化してしまうんです。しかし、この消臭糸には大きな弱点がありました。簡単に切れてしまうのです。理想の消臭製品をつくるには、この糸をなんとかして活用するしかない。梶谷社長は、ある人物の元に向かいました。

日本一のタオルの生産量を誇る、愛媛県今治市。タオル産業の躍進の立役者となったひとりが、三光産業の尾崎今男会長(84歳)です。梶谷社長は、革新的なタオル織りの技術をいくつも開発し数々の賞を受賞していたこの職人に、消臭糸を使った製品の開発を頼み込みました。開発に成功するまで、丸三年。最大のポイントは、消臭糸と一般的な綿糸の緻密な組み合わせ方でした。強度のある綿糸と消臭糸を混ぜ合わせ、消臭効果と強度を両立させたのです。 ブリーズブロンズの製品は、たとえば同じ靴下でも、介護用のものはより消臭効果を強く、ビジネスソックスは踵やつま先は破れにくく、かつ臭いも抑えられるように、といったように、作り方を細かく変えているんです。 最初に完成した製品は、ベッドシーツ。梶谷社長のお母さんのベッドに使いました。 その効果は、通いのヘルパーさんが「どうやって掃除をしたの?」と驚くほど。お母さんも心から喜び、笑顔が増えたそうです。

2002年にシーツとタオルケットの販売を開始。介護業界から大きな反響がありました。その後、靴下や帽子、赤ちゃん向けのオーガニックコットンを使ったシリーズなど、次々に新しい製品を展開しています。お値段は、ビジネスソックスが1890円、バスタオルで4200円と少々高めですが、その驚きの消臭効果が徐々に話題を呼び、ヒット商品となりました。

そして目指すは、アジアのマーケット!
梶谷社長が希望するのは、ベトナム。経済成長が目覚ましいことに加え、繊維産業が盛んなため、現地での製造の可能性も考えてのことでした。現地コンサルタントは・・・「バイクに乗るときに使うマスクを売りこんではどうか」と意外な提案。国民1人1台以上のバイクがあるというベトナム、特に女性は排気ガスを避けるために分厚いマスクをしているそうです。いまのところ毎日洗って使っているというマスク、消臭性のあるものは喜ばれるのではないかという見立てでした。「繊維製品の製造技術はどんどん上がっている」と、現地製造についても好感触でした。
続いては、アジア最大のマーケット・中国。コンサルタントからの提案は、「赤ちゃん向けの製品」。これからどんどん高齢化の進む中国ですが、高齢者層は付加価値があっても高価格なものは喜ばない傾向があるそう。一方、ほとんどが一人っ子である赤ちゃんにはどんどん良いものを与える文化、とのことでした。赤ちゃん向けの製品で良さを実感してもらえたら、母親、そしてその親、とマーケットが広がって行くかも知れない、というアドバイスでした。

アジアへ向けて広がる可能性が見えてきた、ブリーズブロンズ。
梶谷社長は、さらなる消臭製品のアイデアも膨らませています。
日本のモノづくり技術のさらなる進化に、期待しています!

石川幸(いしかわこう)さん 
AGSホーチミン事務所 代表 石川幸(いしかわこう)さん 一橋大学卒、旧富士銀行・みずほコーポレート銀行を経て、ベトナムで会計事務所のAGSを創業。
現在はベトナムに進出する日系企業様向けに総合的なコンサルティングを現地で強力にバックアップ。ベトナムのM&A、会計/税務/法令/労務等の専門知識+ビジネススキルの両面に精通している。
顧客数は100社超、相談件数は年300社超となっている。
除向東(じょ こうとう)
中国市場戦略研究所 代表 除向東(じょ こうとう)さん 中国・大連生まれ。北京外国語大学講師を経て、文部省奨学金で来日、立教大学博士課程修了、博士号取得。日経リサーチ首席研究員、キャストコンサルティング株式会社代表取締役社長を経て、2007年6月から現職。日本企業向けに、中国での市場調査やマーケティング戦略のコンサルティングを携わる。自動車からIT、飲料、観光、ファッションまで幅広い分野での中国市場戦略サポート実績を持つ。