アジアの風

バックナンバー

【第36回】2012年12月8日放送

松波登さん
株式会社日本エレクトライク 代表取締役 松波登さん

東海大学工学部動力機械科卒業。後にトヨタ自動車のワークスドライバーとして活躍し、モンテカルロラリーにも出場する。その後父親の会社を引き継ぎながらも、車への思いが忘れられず2008年に日本エレクトライクを創立。三輪電気自動車に初めてアクティブホイールコントローラーを搭載したエレクトライクを誕生させる。

高度成長期の日本を支えた三輪自動車。今や、街中でその姿を見かける事は殆どありません。 しかし実は今、四輪車を上回る機動性と、二輪車を上回る積載量に注目が集まっています。そんな三輪自動車を電気でよみがえらせたのが、神奈川県川崎市にある日本エレクトライクです。横転事故が多かった三輪自動車、その常識を覆すような走行を見せるこの車は実は国産の車ではありません。ベンチャー企業だからこそ生まれた全く新しいビジネスを展開しているのです。

社長の松波さんはトヨタ自動車のワークスドライバーとしてモンテカルロラリーで活躍をしていましたが、父親の会社を引き継ぐ事になりレーサーを引退。しかし、どうしても車の仕事がしたいとの思いが忘れらませんでした。電気自動車が増える中で、四輪車よりも軽い三輪車の方が電気化に向いているのではと考えます。

思考錯誤の結果、母校でもある東海大学と協同で、三輪自動車の弱点を克服するべく、アクティブホイールコントローラーを搭載した試作車を作ります。アクティブホイールコントローラーとは、ハンドルを切ると同時に曲がる時の外側のタイヤの回転数を自動的に上げる装置。これを三輪自動車に初めて搭載することで、カーブでもバランスを崩すことなく安定した走りが実現できました。

いよいよ三輪電気自動車を実用化しようと松波さんは、その道のプロフェッショナル達に声をかけます。彼らの力を借りて、インドから三輪自動車の車体を購入。他にも安くて性能のよい部品を買い揃え、アクティブホイールコントローラーを搭載した三輪電気自動車『エレクトライク』が誕生しました。

この車の需要はどこにあるのかと考えた松波さんたちは今現在も三輪自動車が走っているラオス、カンボジアに目をつけます。特にラオスでは現在水力発電が開発されており、今後国内だけで電力供給がまかなえるのではないかと考えました。しかし、三輪電気自動車の価格がどうしてもネックになってしまいます。

ならばと次に目を付けたのがシンガポール。環境に優しい車に優遇税制を敷いているこの国ならば、価格も問題ない。さらにアジアのプラットホームのような役割もあるため、周辺国への宣伝も可能という見方が出てきました。さぁベンチャー企業の新しい挑戦の始まりです!

小林 昇太郎さん 
船井総合研究所 東京経営支援本部 経営コンサルタント 小林 昇太郎さん 商社、非鉄金属メーカーを経て船井総合研究所に入社。現在は、日本企業のアジア進出に向けたビジネスプラットフォーム構築等を手掛ける。また「日本をはじめ世界の富裕層ビジネスのいまを知ることが、多くの経営者が抱える経営課題を解決する」と考え、富裕層ビジネス研究会を主宰し、このテーマでの講演、取材なども多い。著書は「ビリオネアビジネスの極意」、「絶対に断れない営業提案」などがある。
岡本浩貴さん 
陸陽カンボジア 常務取締役 岡本 浩貴さん 2005年3月 神奈川県立横浜緑ヶ丘高等学校卒業
2010年6月 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)歴史学部卒業
2010年7月 株式会社三菱東京UFJ銀行入行。中ー大企業法人の融資を担当
2012年7月 株式会社三菱東京UFJ銀行を退職
2012年8月 陸陽カンボジアの常務取締役に就任
現在はカンボジアに進出して来られる日系企業様向けにカンボジア人人材の紹介や、進出の際の総合的なコンサルティング業務を行う。
飯田国大さん 
赤坂綜合事務所 代表秘書 飯田 国大さん 赤坂綜合グループ 赤坂綜合事務所 代表秘書 飯田国大(はんだくにひろ)
ラオス現地法人 OGISAKA CO.,LTD 代表取締役 飯田国大
1997年10月(株)ディープジャパン設立 代表取締役
インターネットのデジカメプリントサービスを創業し開始4ヶ月で国内シェア第1位を記録
2003年11月研究開発型液晶ベンチャーとして中国市場へ進出し技術ライセンス大型案件等を決める
2012年1月ラオスの発展に寄与しアジア諸国35億人の巨大市場でビジネスを行うことを目的として東南アジアの中心に位置するラオス進出
現地コンサルタントではなく日本企業と共同でのラオス現地法人設立を行う