On Air

朝倉文夫「墓守」

screenshot彫刻のなかでも、粘土で像を作る彫塑というジャンルを極めた彫刻家・朝倉文夫の作品「墓守」を取り上げる。




screenshot 朝倉文夫は明治16年に大分県で生まれた。東京美術学校に入学し彫刻を学び、卒業後、東京都台東区谷中にアトリエを構え、創作活動を始めた。



「墓守」は朝倉文夫の作風を確立させることになった代表作。それまでは表現したいテーマに合わせて作られたポーズや構図を作品にしていたが、「墓守」では、モデルのありのままの姿を作品にした。モデルとなった人物を探し、当時の創作のプロセスを明らかにしていく。


screenshot 朝倉文夫がアトリエを構えた谷中には、現在、彼の作品を収めた朝倉文夫彫塑館が建てられている。谷中は戦前の家屋なども数多く残されている古い町だ。谷中周辺の懐かしい景色を紹介する。