On Air

小野木学「ハムサンドノツクリカタ」

screenshot東京都練馬区にアトリエを構え、独創的な作品を残した画家・小野木学の「ハムサンドノツクリカタ」を紹介する。





screenshot 小野木学は大正13年に東京の巣鴨で生まれた。17歳のときに肺を患い、静養をするかたわら、絵を描き始めた。その後、東京都練馬区高野台にアトリエを構え、独学で絵を学び、数多くの作品を描いた。



screenshot 「ハムサンドノツクリカタ」は、小野木学が亡くなる年の元日に描かれた作品。すでに病が進行し、死が近いことを悟っていた彼は、どんな想いでこの絵を描いたのか。関係者の証言から明らかにしていく。



screenshot 「ハムサンドノツクリカタ」は、練馬区立美術館に収蔵されている。ここには小野木学の多くの作品が収められている。小野木学が暮らした練馬の町を映像で案内する。