On Air

熊谷守一「白猫」

screenshot身の回りの動植物などを、鋭い観察力で描いた画家・熊谷守一の作品「白猫」を紹介する。




screenshot 熊谷守一は明治13年に岐阜県中津川市で生まれた。昭和初期から東京都豊島区千早に居を構え、庭を訪れる昆虫や小動物などをよく描いた。「白猫」もそのひとつで、自宅に住み着いた野良猫を描いたものだという。一見、単純な構図だが、猫の特徴や質感をよく捉えている。

screenshot 熊谷守一は猫を好んで描いた。その理由はどこにあったのか。守一の創作活動の秘密や人間性について、娘の榧さんや、晩年の守一を撮影したカメラマンの藤森武さんに聞く。



screenshot 熊谷守一が住んだ家には、現在、熊谷守一美術館が建てられている。美術館周辺の風景を案内する。