On Air

山口薫「朝・昼・晩」

screenshot 群馬県に生まれ、抽象芸術の先達として活躍した画家・山口薫の作品「朝・昼・晩」を取り上げる。





screenshot 山口薫は明治40年に現在の群馬県高崎市箕郷町に生まれた。戦後、モダンアート協会の結成に参加。具象と抽象の間で、叙情豊かな心象風景を描いた。




screenshot 「朝・昼・晩」は高崎市美術館が所蔵している。これは市民の平和な一日をテーマに描かれた作品だという。そこには、蜘蛛の巣、躍動する人々、鳥や馬などが描かれているが、果たしてここにはどんな想いが込められているのか。研究者らの証言によると、山口薫が故郷・箕郷町で過ごした子どものころの体験が関係しているという。

screenshot 山口薫が故郷に寄せた想いと作品との関係を明らかにしていくとともに、高崎周辺の美しい風景を紹介する。