On Air

鳥海青児「黄色い人」

screenshot 日本の油絵を追求し、独自の画風を作り上げた画家・鳥海青児の「黄色い人」を取り上げる。




screenshot 鳥海青児は明治35年に神奈川県平塚市に生まれた。
早くから油絵に取り組み、ヨーロッパを描くために生まれた油絵の具で、日本の美を描く方法を追求し、絵の具から油を抜いて厚塗りをする独特の描画法を確立した。


screenshot 「黄色い人」も、こうして描かれた一枚。しかし、描かれている人物について、鳥海青児は「人であって人でない」と語っている。さらにモチーフは意外なものであるという。研究者や関係者の証言から、鳥海青児が「黄色い人」で表現しようとしたものは何かを探る。

screenshot 「黄色い人」を所蔵・展示しているのが神奈川県にある平塚市立美術館。地元出身の画家でもある鳥海青児の作品を数多く所蔵している。平塚の美しい風景を美術館周辺にたずねる。