On Air

竹久夢二「榛名山賦」

screenshot 独特の美人画を描いた画家・竹久夢二の「榛名山賦」を
取り上げる。

竹久夢二は明治17年に岡山県で生まれ、少年少女雑誌に挿絵を描き注目される。

screenshot その後、いわゆる夢二風の美人画で一世を風靡した。
「榛名山賦(はるなさんふ)」も夢二風美人を描いた作品だが、女性の背景には榛名山が描かれている。実はこの女性にも、榛名山にも、夢二の特別な想いが込められているという。


screenshot 群馬県伊香保町は、榛名山麓の湯の町として古くから栄えている。ここに竹久夢二の作品や資料を集めた竹久夢二伊香保記念館がある。「榛名山賦」が展示されているほか、夢二と伊香保との関係を解き明かす資料が保存されている。


screenshot これらの資料と関係者の証言から、竹久夢二が「榛名山賦」に込めた想いを探る。
また、竹久夢二が愛した伊香保温泉街や榛名湖周辺の美しい風景を見せていく。