On Air

松本竣介「ニコライ堂の横の道」

screenshot 松本竣介の作品「ニコライ堂の横の道」と、この絵を所蔵する大川美術館(群馬県桐生市)を取り上げる。




screenshot 松本竣介は太平洋戦争を挟んで数多くの名作を残している。時代が戦争に突き進む中で、自分の内面を絵画に表現し続けた。「ニコライ堂の横の道」もそのひとつ。都会の風景の中に、不安や孤独といった感情を豊かに表現している。

screenshot 40年前、絵画収集を趣味としていたサラリーマンの大川栄二氏は、この絵に出会ったとき、「絵は生きている」と実感。以来、松本竣介に傾倒し、その作品を精力的に収集するようになった。後年、そのコレクションを財団に寄付し、大川氏の故郷、群馬県桐生市に設立されたのが大川美術館だ。

screenshot 「ニコライ堂の横の道」を中心に、松本竣介の作品の特徴を、大川栄二氏の視点から紹介していく。さらに桐生市の美しい風景を見せていく。