杏が歩く!恋する東海道 其ノ壱

歴史をこよなく愛する女優・杏の夢は「東海道を自分の足で歩くこと」。 今回は「2泊3日」という限られたスケジュールの中、 東海道を体感できる4つの旅プランの中から杏が選んだ旅は・・・ 「江戸時代のガイドブックで巡る東海道の旅」。 ルートは静岡県の鞠子宿~袋井宿の8宿。 約50キロに及ぶ道のりを江戸時代の人々に想いを馳せながら杏が自分の足で歩きます!

東海道とは フォトギャラリーはこちら

◆みどころ

その1

雨が降っても晴れても、杏が自分の足で東海道を歩きます!
徳川家康が宿駅制度を設けてから400年以上の時が経ち、江戸時代当時のままの姿を残す景色もあれば、
今は全く姿を変えてしまった場所も・・・。
杏が江戸時代の人々が歩いた道のりを体感します!

杏が歩く!恋する東海道 其ノ壱

その2

道中、江戸時代に”タイムスリップ”!?
当時の「旅人の往来」や「人足による川越え」「武士の登城」など江戸の人々が杏の目の前に現れます!

杏が歩く!恋する東海道 其ノ壱

その3

江戸時代から先祖代々続くお店に立ち寄ったり、東海道に「縁」のある人々から話を聞いたり、
よりディープな「東海道」にも迫ります!

杏が歩く!恋する東海道 其ノ壱

ページトップへ   杏が歩く!恋する東海道 其ノ弐