日経スペシャル「私の履歴書」特別編 ~偉人たちの人生の“転機”とは~

BSテレ東BSテレ東
情報・ドキュメンタリー
3月22日(日) 夜9時 【放送は終了しました】

番組サイト

★★★番組サイトはこちら★★★ 
(「私の履歴書」番組サイトへ)
毎週木曜日夜11時放送 

みどころ

ひとりの人間の波乱に満ちた生き様を紐解いていく日本経済新聞の名物コラム「私の履歴書」の映像化。今回は“人生のターニングポイント”をテーマに、現在の日本の礎を築き上げた5人の偉人たちの生き様を紹介する特別編。偉人たちは人生の転機にどのように対処することで、偉業を成し遂げることができたのか。残された数々の金言とともに、掘り下げていきます。

ナビゲーター

長谷川博己

内容

下幸之助 松下幸之助(1894~1989)
現パナソニック創業者であり経営の神様。早くからグローバル化に乗り出し、技術立国ニッポンを支えた。
斎藤英四郎 斎藤英四郎(1911~2002)
新日本製鐵会長、経団連6代目会長。一企業のトップに留まらず、財界のまとめ役として日本の発展に寄与。
森光子 森光子(1920~2012)
“ニッポンのおかあさん”として親しまれた国民的女優。92歳で亡くなる2年前まで舞台に立ち続けた。
服部良一 服部良一(1907~1993)
「青い山脈」「別れのブルース」など、数々のポピュラー音楽を作曲。戦前・戦後の混乱期に、日本人の心に明かりを灯した。
東山魁夷 東山魁夷(1908~1999)
“昭和の国民的日本画家”と称され、修行僧のように画業を積み重ね、日本の四季と自然を詩情豊かに描いた。

プロデューサーからの一言

4月で放送3年目に突入する本番組。スペシャルは2回目となります。今回もジャンルを問わず、現代日本の礎を築いた各界の著名な方を取り上げ、人生のターニングポイントに迫ります。雲の上のような存在の方々の意外な側面、過去の挫折、決断の時の心情など、時代の大きく変わった今でも、今だからこそ学べる・学ぶべきことが多くあります。また、レギュラーでナレーションを務めている長谷川博己さんが、このスペシャルでは番組全体を分かりやすくナビゲートするほか、ロケレポートにも挑戦する予定です。お見逃しなく。