BSテレ東

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • BSテレ東って何?
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 読む!
  • リリース
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

番組表

おとなの上級みやげ 喜ばれるお土産に秘められた歴史やこだわりのエピソードを紐解く

2015.03.18

角八本店 みかん大福

和菓子の定番、大福。そこに「みかん」を丸ごと包み込み、今までに無い味を生み出した老舗の和菓子店があります。新鮮なみかんを使った「みかん大福」。その誕生秘話と瑞々しさを生み出すこだわりの製法とは…老舗の和菓子店が生んだ、清涼感あふれる「みかん大福」。選んでみては、いかがですか。

photo3

九十九里浜を臨む、千葉県、一宮町(いちのみやまち)。

この地に、江戸時代後期から続く和菓子店、角八本店(かどはちほんてん)があります。

老舗でありながら、味を守るだけでなく、新商品の開発にも意欲的に取り組んでいます。

「梨ようかん」に「とまと羊羹」。「とまとパイ」に「めろんパイ」。トマトやメロンなど、地元の特産品を使ったユニークな商品も作っています。中でも、今、店の看板商品となっているのが、この「みかん大福」です。その誕生には、あるきっかけがありました。

photo2

1985年頃、和菓子の世界に登場した「いちご大福」は、瞬く間に全国へ広まりました。角八本店でも手掛け、今も人気の商品です。しかし、あまりの人気ゆえに、客からのこんな問い合わせが相次ぎました。

そこで2006年、夏場でも手に入る果物で、新たな大福を作り始めたのです。いちごに代わる様々な果物を試してみた結果―。

photo3

たどり着いたのが、みかんでした。国産の良質なみかんは、1年を通して、手に入れることができたのです。

今の時期は、静岡産の寿太郎(じゅたろう)というみかん。大福に適した大きさの、2Sというサイズだけを使用しています。その製法のこだわりとは。

pagetop