BSテレ東

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • BSテレ東って何?
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 読む!
  • リリース
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

番組表

おとなの常宿 上質な宿を紹介

2014.09.03

光の館

自然の光が射し込む空間。ここには明るさと暗さが生み出す美があります。建築を手掛けたのは、ジェームズ・タレルさん。普段あまり意識しない光の存在をテーマに明かりを体感出来る作品を多く制作しています。この宿は、世界で唯一、彼の作品の中に宿泊出来る施設です。光の変化を感じさせる宿で、明と暗の世界を楽しんでみませんか。

新潟県の南部にある十日町市。
街を一望する高台に、『光の館』があります。

photo1

この地域の古い豪商の家イメージして作られた建物。建築を手掛けたのは、ジェームズ・タレルさんです。

普段あまり意識しない光の存在をテーマに、明かりを体感出来る作品を数多く制作。光のアーティストとも呼ばれる、世界的な現代美術家です。

photo2

宿は、世界で唯一、彼の作品の中に宿泊出来る施設。長い階段を上り、玄関の扉を開けると、タレルさんの作品の世界へと導かれます――

視界に飛び込んで来たのは、天井の間接照明と障子に透ける陽の光。そして、暗がり――

photo2

宿は、近代日本文学を代表する文豪の一人、谷崎潤一郎の随筆に着想を得て建てられました。1933年に出版された「陰翳(いんえい)礼讃(らいさん)」――

谷崎は日本人の美意識をこう記しました。 “美は物体にあるのではなく、物体と物体との作り出す陰翳のあや、明暗にあると考える”。

室内を可能な限り明るくする西洋とは異なり、日本では、陰翳の中に美を見出して来ました。宿の客室は、和室の3部屋。食事は、自炊かケータリングサービスです。

photo2

入浴は、緑を眺める大浴場で――
ここは、宿であり、一つの芸術作品です。この和室には、光のアーティストが趣向を凝らした、特別な仕掛けがあります。

pagetop