BSテレ東

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • BSテレ東って何?
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 読む!
  • リリース
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

番組表

おとなの常宿 上質な宿を紹介

2014.06.11

日光 金谷ホテル

現存する日本最古の西洋式リゾートホテル。140年に亘る歴史の中で、建物の変遷を感じることができます。建物の歴史が垣間見られる宿で、時代が積み重ねた温もりを感じながら、館内を探索してみませんか?

栃木県日光市。
徳川家康を祀る、世界遺産・日光東照宮。
その向い、日光街道と大谷川(だいやがわ)を挟んだ小高い丘の上に―
今夜のおとなの常宿、『日光金谷ホテル』があります。

明治4年。宿の歴史は、ヘボン式ローマ字の考案者・ヘボン博士を、東照宮の楽師(がくし)をしていた金谷善一郎が自宅に招いたことから始まります。

photo1

その後、日光を代表する外国人向けのホテルとして、各国の著名人たちがOFFを過ごしました。宿泊名簿には、世界史にも名を連ねる、数々の偉人のサインが残されています。

明治26年に建てられた本館。木製の重厚な回転扉を押して、館内へ入ると――

photo2

ビロードの絨毯が敷かれた吹き抜けのロビー。西洋と東洋の建築スタイルが混在する、独特な空間が迎えます。回転扉の上には、東照宮の彫刻を彷彿させる竜の装飾。神社仏閣で見られる象の彫刻の上には、鹿の頭部のはく製。1階と2階の造りが異なるなど、140年に亘る宿の歴史、建物の変遷を感じることが出来ます。

昭和10年、跡を継いだ眞一は、別館を新築しました。こだわったのは、日光の豊かな自然。1枚の絵画のように景色を眺めてほしいと、大きな窓を客室の壁2面に構えています。

photo1

最も眺めが良い3階の角部屋。多くの著名人が、日光街道と山並みの美しさに魅了されました。今では珍しいスチーム式の暖房器具が、時代を感じさせます。

別館が完成した翌年。2階建ての本館の下に地下室を造り、更に周囲の土地も掘り下げて、建物を3階建てにしました。増築した1階部分は、旧帝国ホテルのライト館を模した大谷石造りのデザイン。1階と2階の造りが異なる独特な空間です。

pagetop