BSテレ東

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • BSテレ東って何?
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 読む!
  • リリース
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

番組表

マンスリー特集 様々なテーマを4週に渡って紹介

2014.05.07

落語に学ぶ、おとなの会話術

柳家花緑さんに学ぶ、人の心をつかむ会話術。会話術の極意を学びます。コミュニケーションをとるために必要なのは、伝えることと、伝わること。会話力を磨くには、人間を磨くこと。自分を磨いて、おとなの会話術を実践してみませんか?

photo1

磨き上げた巧みな話術で一瞬にして客を虜にする落語家。時に笑いを、時に涙を誘う、まさに熟練の話芸。今宵高座に上がるのは。柳家花緑。

祖父に5代目柳家小さんを持ち、戦後最年少の22歳で真打昇進を果たした実力派。スピード感あふれる歯切れのよい語り口が身上の花緑さん。客の心を掴む、その話術には、日常のコミュニケーションにも通じる、会話の極意があると言います。

今夜の特集は落語家・柳家花緑さんに人の心をつかむ会話術を学びます。

photo2

会話術の極意。そのヒントは高座に上がる前にすでにあるようです。マクラとは落語の本題に入る前に客を惹きつける大事な導入部。落語家は高座に上がるまでどんなマクラをするか決めていない場合が多いのです。客の年齢層や反応を見て瞬時に話を組み立てるのが落語家のテクニックです。

まずは時候の話から・・続いて健康の話題へ・・・マクラは、本題のネタ(演目)に入る前の客と演者の丁々発止のコミュニケーション。そして、本題のネタに入ってからも、客の反応に気を配ります。話に付いてきていないと感じた時は、ネタを中断することもあります。

花緑さんは「しきまど」という言葉が客が話に付いてこれなくなった理由と瞬時に判断、その説明を始めます。「すべての客を楽しませたい」、花緑さんは、その時その時の客の反応によって話を変えていきます。客とのコミュニケーションを大切にする、話のプロならではの工夫です。

pagetop