onair

2009年8月23日(日)放送screenshot

コクヨ・黒田章裕社長  (前編)

コクヨの歴史は、1905年に創業された「黒田表紙店」から始まった。
当初は帳簿の表紙だけを作っていたが、やがて伝票や便せんなどを 手がけるようになる。オフィス家具の分野に進出したのは、 1960年になってから。現在では、国内トップクラスの 総合オフィスサプライヤーとしての地位を確立している。
1989年に社長に就任した黒田章裕社長は59歳。コクヨの創業者である 黒田善太郎の孫である。黒田社長は、「黒田姓を名乗る者は、 人の三倍働かなければならない」と幼い頃から教えられてきた。
創業者が残した「商品を通じて世の中の役に立つ」という企業理念を 受け継ぎ、さらなる成長を目指す黒田社長の経営ビジョンを聞いた。