みどころ

現代の女性が突然タイムスリップ!? そこは18世紀初頭、康熙帝が支配する清の時代 出会ったのは、美しき9人の皇子たち…

清王朝最大のスキャンダル、9人の皇子たちによる皇位争い、“九王奪嫡” 彼らの運命を知る彼女の心は揺れる… 歴史は変わるのか?現代へは帰れるのか?

【監督】リー・クォックリー

『千歳情人』『余人の義賊 一枝梅』

1958年香港生まれ。シンガポールのTV局や香港電視広播有限公司(TVB)でドラマの監督を務める。TVB時代にはアンソニー・ウォン、イーキン・チェン出演の「天若有情」や、ラウ・チンワン主演「燃焼歳月」などのTVドラマをはじめ、1993年には『股瘋』で映画監督デビューを果たした。 1998年には中国に拠点を移し、本作のプロデュースを務めるツァイ・イーノンらと唐人電影国際有限公司を立ち上げる。その後も数多くの作品を監督し、2004年に監督を務めた「仙剣奇侠伝」では主演の胡歌を一躍トップスターに仕立て上げる。
2011年の「宮廷女官 若曦」の大ヒットを受け、2012年7月現在、桐華原作、リウ・シーシー主演のゴールデンチームで「大漠謡」のドラマ撮影中。その後待望の「宮廷女官 若曦」の続編撮影に入る。

【原作】トン・ホァ

『大漠謡』『雲中歌』『曽許諾』

中国西北部生まれの桐華は北京大学を卒業後、香港との境界地で経済特区の深センにて、中国銀行の金融分析の仕事に就く。その後、アメリカ・カリフォルニア州に留学し、財政経済学を学ぶ。
2005年には本作品の原作である「歩歩驚心」をインターネット上で発表。現代女性が清朝にタイムスリップし、皇子と切ない恋に落ちるという物語が女性読者の心を掴み、ネットで一躍話題になり、翌年には本として出版される。その後も1年に1~2作品を発表し、その情熱的なラブストーリーから、“熱情女王”と称される。また、中国では“ラブストーリー四大女王”の一人で、新作が最も期待される女流作家である。
ドラマ化に伴い再版された「歩歩驚心」は、ドラマの大ヒットと共にベストセラーとなり、桐華は「2011年度第6回中国作家富豪ランキング」の第14位にランクインした。

【脚本】ワン・リージー

© 2011 上海唐人電影制作有限公司 All Rights Reserved.
提供:アジア・リパブリック5周年