BSテレ東

ストーリー

2018年9月22日放送 最終話「酒と泪と男とゴクリ 愛と追憶のCセット定食」

自分の店をつぶす原因となったのが米倉(沢井正棋)らの嫌がらせだったことがわかり、殴りかかった一平(福士誠治)。聞き耳を立てていた看守が飛んできてあっという間に懲罰房行きに。このままでは仮釈放も取り消されてしまう。見逃す条件として看守の向田(和田聰宏)が出したのは、旨いモン話で思い出のCセット定食を蘇らせるというもの。知らない店のCセット定食をどうやって再現するのか?一平のために204号室の面々は一致団結して学生街の定食屋を思い出す。ラーメンにチャーハンのセット。学生炒め。通い詰めた定食屋話に花が咲く。
一方、坂井(柳沢慎吾)は得意のアイコンタクトで配膳係から情報を聞き出す。そこになんと看守の野村(橋本真一)からのメモも。
そして迎えた約束の日。向田が204号室にやってくる。語り始める一平…。
場所は高田馬場駅から線路沿いに少し歩いた定食屋まるふじ。向田は大学4年生。銭湯帰りのためお風呂セットを持ち、お気に入りのバンドのTシャツを着ている…。バイトの金が入ったため、瓶ビールとCセット定食を注文。
冷えたビールに漫画を読みながら料理を待つ。Cセット定食を運んできたのはバンド仲間の渡辺(中村優一)だった。

ゲスト出演者

  • 渡辺 向田の学生時代の友人 中村優一
  •   チンピラ 波岡一喜

フォトギャラリー

すべての画像を見る

バックナンバー

公式SNSをフォローしよう!

©「極道めし」製作委員会

ページトップに戻る