この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

ストーリー

2018年12月1日放送 第8貫「激闘!寿司対決」

銀座『柳寿司』柳葉旬(須賀健太)、神田『勘兵衛』磯村慎治(前田公輝)、銀座『嘉志寿司』吉沢大吾(森谷勇太)が出場する日文書房主催の江戸前寿司若手職人対決の日がやってきた。
会場は翔子が仲居をしている料亭『吉川』だ。
甚太(高杉亘)ら『柳寿司』の常連も駆けつけ盛り上がる。しかし、肝心の旬が会場入りしていない。直前に寿司折り30人前の注文が入ったのだが、鱒之介(渡辺裕之)の腕が痺れ、握れなくなってしまったのだ。一人、30人前の寿司を握る旬。
時間になり、磯村と大吾の二人で勝負が開始された。ルールは巻物を含む8貫以上を一人前とし、三人前を盛り込みで握るもの。トップバッターの磯村は得意のキハダマグロのヅケを中心に、マグロ尽くしの美しい江戸前寿司を披露する。一方、大吾は最高級のマツカワガレイなど、贅を尽くしたタネで、仕上げに金粉を散らし、会場を沸かせる。
逆手返しの早わざで30人前を握り終えた旬だったが、時刻は11時半を過ぎていた。仕方ないとあきらめる旬に鱒之介は「始まってはいるが、終わってもいないだろう」と背中を押す。駆け出す旬。果たして間に合うのか…?

ゲスト出演者

  • 審査員女優長谷直美
  • 審査員画家さとう輝

フォトギャラリー

すべての画像を見る

©「江戸前の旬」製作委員会2018

ページトップに戻る